日本映画への政策と投資によって経済が繁栄し、質も高まる。

中国では映画産業への支援が多くなり、ハリウッド映画ですら、中国資本が増えている。
しかし日本では映画料金も上がり、かつては世界的に有名だった映画監督、俳優も少なくなっている。
映画は総合芸術とも呼ばれ、音楽や演劇などその他分野も関連する。
面白い映画が増え、鑑賞料金も低くなれば人々が町やモールに行く目的になりその他の消費にも良い影響をあたえるだろう。
そういったその他への消費活性化などの影響を考えると日本は映画という産業を有効活用しているようには思えないのである。
そこで日本も映画産業への投資を増やしてみてはどうかと思う。
韓国のようにハリウッドへ学生たちを留学させて技術を学ばせたり、映画製作者へ製作費を一部負担したり、ハリウッドへ投資したりすることで日本映画の質も向上しかつて受けていた世界からの評価も上がるのではないだろうか。
国内の興行が黒字だから現状で良い、ではなくもっと黒字にして経済を活性化させることが国に課せられた義務である。
現在日本映画の評価は決して高くはない。かつて世界的に評価された監督、俳優がたくさんいた時代を取り戻すことができるはずであるのだ。自己破産

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です