イギリステロの受けて、なぜ起こり、日本はどうすればいいのか

かつて映画館は町を発展させていくのに重要な役割を持っていた。
しかし近年、日本映画の質は低くなりつつある。
隣国、韓国では国が映画製作の支援をしてその製作費を一部負担したりしており、
“先日、イギリスでテロがありました。
またイスラムだそうで、バスがなんかに乗ってひき殺したり、ナイフで警察官が刺されたそうです。
こういうニュースを見るたびになぜ日本では起こらないのか疑問に思いました。
色々と思案しているうちに、テロリスト達が民族的、宗教的に異なっていることに注目しました。
日本は難民の受け入れが非常に少ないです。年間で20人程度です。
ヨーロッパ諸国は何年も昔から数千人単位で受け入れてきており、
昨今ではさらに難民の受け入れに積極的です。
それは国際世論の高まりが背景の一つにはなっています。
難民は経済的にみても、国内事情的に考えても、基本的には害悪だと考えます。
あくまで人道的見地から、受け入れているにすぎないのです。
そうした難民が二世三世となり、国の考えや民族的に沿わない無政府主義者となるのです。
むろん、そうなってしまうのは一握りの1%とかその程度だと思います。
しかし、少しの暴走で治安を破壊できてしまうのが世の中です。
イスラムの暴走、いや、一個人の暴走というのは、昔のヨーロッパや日本では少数だとしても、
イスラム諸国では普通のことのように起こっているのです。
それは、民族や宗教の構成上、仕方のないことです。銀行カードローン 審査基準
イギリスの民族や宗教の構成が変化し、イスラムに近づいてきたので仕方ないといえるのです。
起こるべくして起こっただけで、今後も似たような境遇であるヨーロッパ諸国は同様の事件が続くと思います。
日本がそうならないためには、難民を一切受け入れないことです。
民族や宗教の構成を変えないことです。